全国革新懇第37回総会記録集 500円


戦争法廃止ポスター 1枚60円 
大阪革新懇まで

 
全国革新懇ニュース(月刊)
年間購読料1820円(自宅まで郵送します)
お申し込みは大阪革新懇へ


 

ホットフォト・みんなのサロン
検索
訪問者記録
今日 : 22
今月 : 450
総計 : 189700
オンライン状況
12 人がオンライン中です。
サイト新着情報
全国革新懇ニュースをあなたの友人・知人に広げましょう
トピックス
  • 大阪革新懇活動ニュース第27号(2017/08/17)
     

    8月19日の「ノーモア731日本軍細菌戦部隊と現代の軍学共同」をテーマにした「軍学共同いらない! 市民と科学者のつどい」、どうぞお越しください!

     8月13日に放送されたNHKスペシャル「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」が、極秘にされていた真実を語る証言や映像もあり大きな話題を呼びました。
    番組では旧日本軍が創設した731部隊をテーマにして、科学と軍事の危険性に警鐘を鳴らすような構成でした。
    しかも、戦後処理でアメリカ占領軍は731部隊のデーターと引き換えに、戦犯に問わなかったことも放映していました。
    京大と東大の医学部に焦点を当てていましたが、生誕100年を迎えた朝鮮の国民的詩人、空と風と星の詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ)が終戦半年前に福岡刑務所で獄死、虐殺されるのですが、九大医学部の研究者による「海水を注射する生体実験(血液代用)」だったのではという説も消えていません。
    今も、大阪ではアメリカ軍資金で阪大がレザー光線の研究、市大は防衛省資金によるナノ技術を活用した防御研究(今年は私たちの要請もあり応募せず)があります。安倍政権による「戦争する国づくり」は、戦前から今も続いている、その怖さと成すべき課題の大きさが存在します。  
    また、加計学園の獣医学部は【生物兵器研究施設】である!という説もあり得ると関係者が、語っているほど、731部隊と現代はつながっています。
    日本科学者会議大阪支部、大阪平和委員会と共同して「軍学共同」ゆるさない運動を取り組んでいますが、講演会としては2回目の企画です。この機会に、ぜひお越しください。

    大阪9区、憲法を守りいかす議員を国会に送るために
    第3回「市民と野党 共同実現のつどい」8月27日開催

     昨年11月に結成された「憲法を守りいかす議員を国会に送る会・茨木」と連携する市民運動が9区内で広がっています。
    8月27日には、「憲法カフェ・能勢」が主催するつどいを、大阪9区での第3回目の「市⺠民と野党の共同 実現のつどい」と位置づけ、みんなで集まりましょうと呼びかけ合って奮闘中。すべての項⽬目で⼀一致しなくても、 政治を変えなければとの思いをもつ9区のすべての地域のみなさんに参加を訴えています。

  • 大阪革新懇ニュース〜「野党統一候補の実現めざす...(2017/08/10)
  • 大阪革新懇だより191号(2017/08/03)
  • 野党統一候補の実現をめざす市民のつどい@おおさか(2017/07/03)
  • 大阪革新懇・活動ニュース 2017年6月28日 ...(2017/07/03)
バックナンバー
コラム-私論・公論
活動報告
  • 15区市民連合講演会に野党勢ぞろい(2017/07/31)
     「市民と野党勢揃い&講演会」に360人
      衆院大阪15区市民連合主催

        都議選の結果、本気で安倍政権に代わる別の選択肢をつくろうという気運が全国に広がる中、「衆議院大阪15区市民連合」が7月22日、「市民と野党勢揃い&講演会」を富田林市内で開催し満席の360人が参加しました。
     世話人代表の小林宏至さんは、「15区ならではの政策を対峙して政権与党に立ち向かおう」と挨拶しました。
     呼びかけ人のSwingMASAさんがサックスを演奏しました。
     第1部では、安倍首相の改憲への動きに対し、「 われわれはいかにたたかうか」をテーマに、参加した野党の代表がマイクを握りました。
      「こんなひどい国会見たことがない。市民と野党の共闘で打ち破ろう」緑の党・鍵谷誠一さん(府本部共同代表)
     「安保条約なくせば日本は変わる。当面は反維新のたたかいを重視したい」新社会党・早川義隆さん(府本部副委員長)
     「戦争は二度とさせない。安倍さんに辞めてもらわないと生活も安定しない」社民党・小川敬子さん(府連常任幹事)
     「早く統一候補を決めることと、投票にいかない人に丁寧に語りかけよう」自由党・渡辺義彦さん(近畿ブロック代表)姫井 由美子さん(岡山県連代表)
     「国政の私物化を許さず、野党間の信頼をさらに高め、安倍政権を倒そう」日本共産党・辰巳孝太郎さん(現参議院議員)
     民進党の河南町議会議員・福田太郎さんから寄せられたメ ッセージが紹介されました。来賓の荒木淳子さん(ミナセン大阪世話人)が「政党間の違いを越えて、選挙に向けて早く走ろう」と呼びかけました。
     大きな拍手の中、野党代表と市民連合の役員が壇上に勢揃いし「さらに共闘の輪を広げよう」とこぶしを突き上げました。
     第2部の講演会では、午前中の横浜での講演会から駆け付けた、「九条の会」事務局長の小森陽一さんが「市民と野党の共闘で安倍改憲をストップ」と題し講演しました。
     「都議選での自民大敗と安倍政権への支持率低下はなぜおきたか」と切り出した小森さんは、安倍首相が進めようとしている「九条3項加憲」路線の狙いについて詳述しました。「これは、衆参両院改憲派三分の二を維持している間に改憲をめざす日本会議の 改憲戦略に乗っかり、公明党の加憲路線にも沿ったものである」として、「自衛隊は災害救助でよくやっているから憲法に書くだけなら」という思いを逆手にとり、民進党へのゆさぶりと野党共闘の分断を狙うものである」「3項に自衛隊を書けば1項も2項も無効になり、自衛隊が制限なく戦争できるものになる」と強調しました。
     来年の6月の改憲発議、9月に国民投票をという改憲派の政治日程を示した上、小森さんは「九条3項加憲路線の危険性を多くの市民に知らせること、辺野古・高江の基地建設阻止と戦争法発動阻止の運動をさらに強めていくこと、そして野党の共同をさらに発展させて改憲に反対する幅広い共同を実現させよう。暑い時に熱い行動を」と訴えました。

  • 第247回 ねやがわ「ゲンパツいややん行動」(2017/06/19)
  • 戦争法廃止総がかり行動実行委員会羽曳野連絡会が...(2017/06/19)
  • 「戦争法廃止総がかり行動実行委員会羽曳野連絡会...(2017/05/31)
  • 「戦争法廃止総がかり行動実行委員会羽曳野連絡会...(2017/05/31)
バックナンバー
その他のお知らせ

革新懇・草の根運動3つの共同目標

1.日本の経済を国民本位に転換し、 暮らしが豊かになる日本をめざします。
2.日本国憲法を生かし、自由と人権、民主主義が発展する日本をめざします。
3.日米安保条約をなくし、非核・非同盟・中立の平和な日本をめざします。

入会案内


投稿をお待ちしています

このホームページは、革新懇会員の皆さんとご一緒に充実し、交流の場にしていきたいと考えています。大阪革新懇会員の方はどなたでも、メールで投稿することが出来ます。積極的な投稿をお待ちしています。

>>詳しくはこちらをご覧ください。